将来設計で選ぶ

さて、ここまで生命保険に加入すること、そして加入時の簡単なポイント、また貯蓄型の保険のメリットやデメリットについて簡単に挙げてきました。やはり何よりも大切なのは、自分が将来のことをどのように考えているか、ということです。生命保険を選ぶだけなので、そこまで深く考える必要は無いのではないか、と思う方もおられるかもしれません。

しかし、本当にそうでしょうか。私達は生命保険に加入するとき、少なからず毎月一定の保険料を支払うことになります。それが五千円であっても一万円で会っても、それは一定の支出、となります。それは単なる支出ではなく、生命保険という無形の対象に関する支出です。もし私達が将来全く元気で、病気も怪我も経験しなければ(本来はそれが良いことなのですが)無駄となってしまう出費なのです。その出費は、いわゆる『リスク』と考えることが出来ます。そのリスクを最小限に抑えるためには、自分の考える将来設計と、採算面でもバランスの取れた生命保険を選ぶ必要があるのです。

個人的に選ぶことに限界を感じた場合は第三者の意見を取り入れてみるのも良いでしょう。複数の保険会社の中から、最適な生命保険を選んでもらえる無料相談サービスもありますので、活用してみると良いとおもいます。

貯蓄型の保険とは

さて、生命保険にもいろいろな種類がありますが、そのうちの一つであるのが、『貯蓄型』の生命保険です。貯蓄型とは、私達が必ず支払うことになる毎月の保険料、それがいわば『貯蓄』されるかたちとなって、将来の決まった時期に、まとめて受け取ることのできる生命保険です。しかしそれだけでは生命保険ではありませんので、もちろん病気や手術などに関しての保障もなされます。

この貯蓄型のメリットは、やはり生命保険と同時に貯蓄ができる、という点です。現代においても、貯蓄を苦手とされている方は少なくないでしょう。一ヶ月一ヶ月、小さなお金を積み立てていく、ということは簡単なことではありません。毎月の家計がギリギリであれば、それもなおさら難しいでしょう。私達もそれを、きっと理解しているでしょう。

ただし、貯蓄型の生命保険には、注意しなければならない点もあります。それは、同時に貯蓄が行えるというメリットはあるものの、もし入院や手術、その他で加入期間に保障が適用された場合、いわゆる将来戻ってくる『貯蓄額』が少なくなる、という点です。自分が支払った(貯めた)お金よりも、受け取ることのできる保険金(貯金)が、少なくなってしまう、という『元本割れ』が起こる可能性があります。

選ぶポイント

さて、私達はいつ誰もが、病気になったり、怪我を負ったり、それらが命に関わるものである可能性が、どのくらいあるか、ということは事前に知っておくことなどは出来ません。私達は予知能力者ではありませんし、もし予知能力者であったとしても、自分のことを完全に予知することなど出来ないからです。そのために生命保険に加入し、いわゆる「準備」を整えておくことは大切です。それが将来の自分に対する、確実な第一歩となります。

さて、生命保険に加入する上で、どのような点をポイントとして抑えておけるでしょうか。現代では、非常に多くの生命保険が、各生命保険会社から提供されています。そのどれもが、魅力的なものに思え、どれも良いものに思えるかもしれません。しかし、『自分の将来のことをよく考えて』選ばないと、損をすることにもなりかねません。

私達は、確実な目標のために、投資をしたいと思っています。それが不確実なものであってはなりません。ですから、生命保険に加入するときも、それらによって保障される内容が、自分や家族のためになる、という確証のもと、加入する必要があるのです。あまりにも保険料が高額すぎて、今の家計を苦しめるような保険に加入するのは、得策ではありません。

生命保険の意義

あなたは、将来のことをどのように考えておられるでしょうか。漠然としたビジョンや不安を持っておられる方は少なくありません。
誰もが将来に関して不安を持っておられます。いつまで自分の親は元気でいられるのか、また自分はいつまで元気でいられるのか、年金で本当に生活はしていけるのか、といった、自分や家族の健康、そしてお金のことに関する悩みは尽きません。そして多くの人が、将来に関するはっきりとしたビジョンを持たないまま、年月を過ごしています。それは何も、間違ったことではありません。

誰もが確実な未来を予想出来るわけではありませんし、誰もが全く異なった未来の地図を持っているからです。しかし、「起きるかもしれない」ことを想定して、ある程度の準備をしておくことは大切です。その一つに、生命保険に加入する、ということがあります。生命保険は、万が一私達が将来、様々な病気や怪我を負ったとき、その治療費をカバーしてくれるものとなります。私達はいつどのようなことを経験するかは分かりませんので、その時のための準備となるのです。

さて、現代でも多くの人が生命保険に加入していますが、一体どのようなビジョンを持って、生命保険に加入しているのでしょうか。その時、抑えておきたいポイントとは何でしょうか。見過ごしがちな生命保険の加入、そしてそれにともなうメリットとデメリット、普段はあまり考えることのないこの二つに焦点を絞って、考えてみましょう。