将来設計で選ぶ

さて、ここまで生命保険に加入すること、そして加入時の簡単なポイント、また貯蓄型の保険のメリットやデメリットについて簡単に挙げてきました。やはり何よりも大切なのは、自分が将来のことをどのように考えているか、ということです。生命保険を選ぶだけなので、そこまで深く考える必要は無いのではないか、と思う方もおられるかもしれません。

しかし、本当にそうでしょうか。私達は生命保険に加入するとき、少なからず毎月一定の保険料を支払うことになります。それが五千円であっても一万円で会っても、それは一定の支出、となります。それは単なる支出ではなく、生命保険という無形の対象に関する支出です。もし私達が将来全く元気で、病気も怪我も経験しなければ(本来はそれが良いことなのですが)無駄となってしまう出費なのです。その出費は、いわゆる『リスク』と考えることが出来ます。そのリスクを最小限に抑えるためには、自分の考える将来設計と、採算面でもバランスの取れた生命保険を選ぶ必要があるのです。

個人的に選ぶことに限界を感じた場合は第三者の意見を取り入れてみるのも良いでしょう。複数の保険会社の中から、最適な生命保険を選んでもらえる無料相談サービスもありますので、活用してみると良いとおもいます。